JAL、MRJ32機購入で正式契約、ジェイ・エアが地方路線で運航

日本航空(JL)と三菱航空機は1月28日、MRJ32機(確定32機)の購入について正式に契約を結んだ。JALへの納入開始は2021年の予定。契約した32機は、JALグループのジェイ・エアが運航する予定で、MRJを地方ネットワーク路線の主力機として活用していく。

MRJは大幅な燃費削減と騒音・排ガスの削減を実現した次世代リージョナル機。JLとの契約により、MRJの合計受注機数は407機(確定223機、オプション160機、購入権24機)となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。