キャセイパシフィック航空、バンコク空港に新ラウンジをオープン

キャセイパシフィック航空(CX)は、バンコク・スワンナプーム国際空港のコンコースG出発ホールに、新ラウンジをオープンした。2014年12月の羽田空港、2015年5月のニノイ・アキノ空港に続く、新しいデザインコンセプトのラウンジとなる。

総床面積は既存のラウンジを上回る679平方メートル、総座席数は140席。木や石などの天然資材を多用した温もりある寛いだ雰囲気が特徴だ。一方、ビジネススペースには2種類のOSを搭載したiMacとプリンターのある3席のワークステーションを配備。ラウンジ内にはWi-Fi接続を常時可能としている。

飲食施設の充実にも力を入れ、象徴的な「ザ・ヌードル・バー」では香港国際空港で人気の特製ワンタン麺やアジアの麺類など本格的な料理を提供。ペストリーやサラダ、デザートのほか、カクテルやアルコール飲料も備える「フードバー」も用意した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…