京都文化交流コンベンションビューロー、ホテルデータのSTRグローバルと提携

京都文化交流コンベンションビューロー(KCVB)はホテルデータサービスの世界大手、STRグローバルと提携し、会員ホテルに対するホテルマーケット情報の提供を開始した。日本の自治体系観光関連機関がSTRグローバルと提携するのは初めてだという。

KCVBはインバウンド旅行客と大型国際会議などMICE誘致の一環として、STRのデータサービスを活用していく。「マーケティングの高度化と効果的な観光誘致プロモーションには、データの整備とタイムリーな宿泊施設の市況把握が必要」としている。

一方、STRグローバルは京都のホテル市況データを世界に発信するのが目的。STRグローバルには2015年4月現在で、日本国内では500軒以上13万件超のホテルが加盟しているが、今回の提携でデータサンプルが拡大し、京都のデータがさらに活用しやすくなるという。

KCVB発表資料より(左から香港、パリ、シンガポール、ニューヨーク、東京、大阪、京都、神戸)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…