民泊のカギ開閉をスマホで、外出先でも自宅の来客確認できる新技術を発表

アパート経営者向けにシステム開発をおこなうインベスターズクラウド社は、このほどQrio社と技術提携を実施。不動産事業者や民泊サービスでの活用に向け、スマートドアホン「TATERU kit(タテルキット)」とスマートロックサービス「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」との連携を開始する。

スマートドアホン「TATERU kit」は、外出先にいるときでもスマートフォンで自宅への来客を確認できるシステム。室内に置いたタブレットとの連携で、スマートフォンから遠隔操作ができるほか、動画での確認ができる点が特徴。今後、IoT分野での活用も期待される製品だ。

一方のスマートロック設備「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」は、「鍵をシェアする」をコンセプトとした製品。スマートフォンで鍵の操作ができるほか、メールやメッセージを使って鍵の権限を共有することもできる。

両社は今回の技術提携を受け、物件入居者向けに鍵の開閉管理サービスでの活用を検討。また、民泊でのゲストの入退出管理や、不動産管理会社による内覧時の鍵の受け渡し、空室物件の管理などを視野におくとしている。

関連記事:

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。