ANA、国内線で機内Wi-Fiサービス開始、40分550円プランや無料コンテンツ配信

全日空(NH)は2016年1月25日より、国内線の機内ネットサービス「ANA Wi-Fi サービス」を開始する。これにより、搭乗者はフライト中に自分のデバイスでテレビ番組サービス「ANA SKY LIVE TV」などを無料で視聴可能に。また、有料でのWi-Fiサービスも利用できるようになる。

サービスは羽田発着の千歳、福岡、沖縄路線を中心に導入を開始。対象機材・クラスはB777、B787、B767、B737、A320のすべてのクラスとなる見通しだ(Q400型機では一部のサービスのみ提供。B737-500とB737-700はサービス対象外)。

エンターテインメントサービスとして、「ANA SKY LIVE TV」を介して衛星多チャンネル放送「スカパー!プレミアムサービス」が配信する「日テレジータス」「日テレ NEWS24」「スカサカ! 24時間サッカー専門チャンネル」を無料で提供。ほかにも、子供向け番組や音楽番組、電子書籍、旅行に関する情報サイト、テキストニュースといったコンテンツを配信。ショッピングサービス「ANASTORE@SKY」でのANAグッズの購入も可能となる。

また、有料サービスは2種類のプランを用意した。料金は40分プランが550円、フルフライトプランが1050円となる。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。