コスタ日本発着クルーズで各港湾がサポート、Wi-Fiや観光案内、専用シャトルなど

コスタクルーズは2016年7月~9月に実施する日本発着クルーズ10本で、寄港地の日韓5つの港湾都市から受けるサポート内容を発表した。

内容は各地によって異なるが、例えば北陸新幹線が開業して東京から2時間半で到着できる金沢では、金沢駅/金沢港間で専用シャトルバスを用意。「レール&クルーズ」を促進する。また、埠頭に無料Wi-Fiを完備するほか、多言語対応の観光案内所も設置する予定だ。

また、舞鶴では新たなクルーズスタイルとして提案する「ドライブ&クルーズ」の促進のため、埠頭に乗船客向けの無料駐車場を用意。小さな子供連れのファミリー層にもクルーズを訴求していく。コスタクルーズでは今後も寄港地の行政との連携を深め、乗客や地域のニーズを満たす運航をめざすとしている。現在決定している各地のサポート内容は以下の通り。


【コスタクルーズ2016年夏・日本海周遊クルーズの各港サポート内容】

  • 福岡

中央埠頭クルーズセンターでの無料Wi-Fi完備

観光ボランティアによる観光や食事スポットの紹介

  • 境港

交通関係者と観光施設の連携による、タクシーやJR利用プランなど観光メニューの用意

  • 京都舞鶴

新提案「ドライブ&クルーズ」で、乗船客用の無料駐車場を用意

  • 金沢

JR金沢駅/金沢港間の専用シャトルバスを用意

埠頭での無料Wi-Fi完備
韓国語、英語など多言語対応の観光案内所の設置

  • 釜山

観光案内所で民族衣装のチマ・チョゴリを着たスタッフが観光スポットを紹介

インスタント写真撮影など入港歓迎のイベント開催

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…