金沢にシェア型ホテル1号店オープン、ドミトリーでもホステル以上のサービス提供

中古物件のリノベーションを手掛けるリビタ社は2016年3月18日、石川県金沢市にシェア型ホテルチェーン「ザ・シェアホテルズ」一号店となる「HATCHi金沢(ハッチ金沢)」を開設する。

宿泊部屋はドミトリータイプ3種5室と個室タイプ3種9室を用意。個室タイプの部屋はロフト付き部屋のほかワイドダブルベッド、敷布団が利用可能な構成とし、大人数で宿泊するほど低価格とし、3人以上のグループ旅行での利用を促す。一般的なホステルとは異なり、ベッドメイクや鍵付きロッカー、ナイトウェア、各種アメニティ(一部有料)も提供する。

また、共用スペースから個室まで、ホテル全体がギャラリーとなるようなデザインも実現。イベントや大規模な企画展、ワークショップなどを開催することが可能となっている。

「HATCHi」とは、出発地点を意味する「発地」に由来したネーミング。「i」には「individual(ヒト)」、「item(モノ)」、「information(情報)」といった複数の意味を込めたという。

リビタ社では企画・運営・デザイン監修を担当。地元の人々やさまざまなスキルを持つ専門家とプロジェクト形式で企画を展開し、ウェブサイトでは関係者の紹介も行われている。北陸ツーリズムの新たな発地点として地域創成につなげていきたいとしている。

なお、同ホテルでは開設記念としてドミトリータイプの宿泊料金を3200円(税込)から設定。個室は3名で利用した場合に2100円から利用できるキャンペーンをおこなう。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。