ホテル大手「IHG」と配車サービス大手「ウーバー」が提携、アプリ連携でポイント獲得が手軽に

インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG)は、オンライン配車サービスのウーバーと提携した利用客へのサービス提供を開始した。IHGリワーズクラブの会員が、ウーバーの利用登録を済ませると、米国内を移動する際、ウーバーの初回利用時に2000ポイントと、20ドルの割引を獲得できる。

IHGのアプリ「IHG App」が、ウーバーのアプリと連携可能になり、配車サービスの利用やポイント獲得が手軽にできるようになったという。2016年初めには、乗車時刻になると通知が来るウーバーの「ライド・リマインダー」機能も設定可能になる見込みだ。

IHGによると、ウーバーを活用したサービスは、現在、米国のみで提供中。今のところ、日本での展開は未定だ。ただし、日本在住のIHGリワーズクラブ会員も、米国に滞在中は、同サービスを利用できるという。

なお、IHGリワーズクラブのポイントは、Uber初利用から4〜6週間後にメールでUberから発行される仕組み。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。