旅館・ホテルのインバウンド対応に最大100万円の補助金、Wi-Fi整備や多言語化など受入れ環境整備に -観光庁

観光庁は、宿泊施設がインバウンド対応で必要な経費の一部を補助する「訪日外国人旅行者受入環境設備緊急対策事業費補助金」(宿泊施設インバウンド対応支援事業)を公募する。

訪日外国人旅行者の急増により、宿泊施設が不足している現状の緊急対策として既存の宿泊施設を活用するのが目的。2015年度補正予算で成立した。Wi-Fiの整備や自社サイトの多言語化などの事業の経費のうち2分の1(上限100万円)を支援する。

ただし支援を受けるには、地域の宿泊事業者(5者以上)などによる協議会で「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定し、国土交通省の認定を受ける必要がある。公募期間は2016年3月4日~3月31日(17時当日必着)。

これにあわせ、各地域で公募説明会を開催する。支援事業や公募説明会の詳細は、観光庁のホームページへ。



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。