軽井沢バス事故で3旅行会社の行政処分を発表、公開で聴聞を開催 -観光庁と東京都

2016年1月に長野県軽井沢町で発生したスキーバス事故で、ツアーを催行したキースツアーとフジメイトトラベル、トップトラベルサービスに行政処分を課すとし、所管する観光庁と東京都が聴聞を開催することを発表した。

予定する行政処分は、バスの手配依頼をしたキースツアー(東京都知事登録旅行業 第2-6411号)は旅行業登録の取り消し。バスの座席提供をキースツアーに依頼したトップトラベルサービス(観光庁長官登録旅行業第1667号)と、フジメイトトラベル(東京都知事登録旅行業 第2-2535号)はそれぞれ54日間の業務停止命令。いずれも根拠となる法令条項は、旅行業法第19条第1項に基づくもの。

これに伴い、観光庁と東京都では上記3社に対し、3月18日にそれぞれ聴聞を公開で開催する。日時、および傍聴の申込み等については以下の通り。


【聴聞の期日と場所】

▼東京都開催分(場所:東京都庁第二本庁舎 10階210・211会議室)

(1)キースツアー

  • 日時:3月18日午前9時30分

(2)フジメイトトラベル

  • 日時:3月18日午前11時00分
傍聴申込FAX送信表(PDF)

※締切は3月16日正午まで。先着順。

▼観光庁開催分(場所:合同庁舎3号館8階 観光庁国際会議室)

(3)トップトラベルサービス

  • 日時:3月18日午前10時30分
傍聴申込FAX送信表(ワードファイル)

※締切は3月16日午後5時まで。先着順。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…