検索タグ "事故対応"

国交省、貸切バス会社の安全性を検索できるサイト開設、平均車齢・事故件数など公表

国交省、貸切バス会社の安全性を検索できるサイト開設、平均車齢・事故件数など公表

国交省が3月1日、貸切バス会社の安全性を検索できるサイトを開設。検索条件指定すると、個別に事業者団体への加入、平均勤続年数、行政処分など詳細情報見られるように。
貸切バスの運行管理者の要件を厳格化、夜間・長距離運行の中間点呼や補助席シートベルト設置の義務付けも -国交省

貸切バスの運行管理者の要件を厳格化、夜間・長距離運行の中間点呼や補助席シートベルト設置の義務付けも -国交省

国土交通省は軽井沢町で発生したスキーバス事故を受け、貸切バスの制度を一部改正。補助席への安全ベルト設置は公布と同日施行に。
デルタ航空、大規模システム障害で8日以降の欠航が約1700便に

デルタ航空、大規模システム障害で8日以降の欠航が約1700便に

米デルタ航空(DL)で2016年8月8日未明(現地時間)に発生した大規模システム障害影響で、欠航・遅延が多数発生。CEOが謝罪や状況説明をビデオで発表。
軽井沢バス事故で3旅行会社の行政処分を発表、公開で聴聞を開催 -観光庁と東京都

軽井沢バス事故で3旅行会社の行政処分を発表、公開で聴聞を開催 -観光庁と東京都

長野県軽井沢町で発生したスキーバス事故で、ツアーを催行した旅行会社3社への行政処分の方針が決定。キースツアーは旅行業登録取り消しに。所管する観光庁と東京都が聴聞を公開で開催。
観光産業の労働組合連合が「民泊」と「貸し切りバス事故」に公式見解 -サービス連合

観光産業の労働組合連合が「民泊」と「貸し切りバス事故」に公式見解 -サービス連合

サービス・ツーリズム産業労働組合連合会(サービス連合)が、民泊サービスと、1月に発生した軽井沢の貸し切りバス事故に関する見解を発表。民泊については、旅館業法と旅行業法の適用を強く求めていく方針。
貸切バス事故対策で「旅行業者を含めた安全確保」へ、ツアーでバス会社名の表記や通報窓口などの方針 -国交省

貸切バス事故対策で「旅行業者を含めた安全確保」へ、ツアーでバス会社名の表記や通報窓口などの方針 -国交省

1月に発生した長野県軽井沢町のスキーバス事故を受け、国土交通省は事故対策検討委員会を開催。広告表記などで旅行業者を含めた安全確保の方針を発表。
国交省、ボーイング 787 型機の運航再開を承認、耐空性改善通報を発行

国交省、ボーイング 787 型機の運航再開を承認、耐空性改善通報を発行

国土交通省は、2013年4月26日本邦航空会社に対してB787の耐空性改善通報を発行した。これは、B787の運航再開を承認するもので、合わせて、機材と運航乗務員の安全確保や利用者等に対する適切な情報開示を要請。
国交省、B787運航再開の承認へ -日本国内での運航に安全性を重要視

国交省、B787運航再開の承認へ -日本国内での運航に安全性を重要視

2013年4月26日、国土交通省の太田昭宏大臣はボーイング社の787型機について日本国内で運航再開の方向性を示した。FAAが、米国時間4月19日にバッテリーの設計変更を承認したことに歩調を合わせる方針だ。
ボーイング、B787の運航再開と新造機の納入再開へ準備開始 -全機体への新バッテリー導入へ

ボーイング、B787の運航再開と新造機の納入再開へ準備開始 -全機体への新バッテリー導入へ

2013年4月19日、ボーイング社は787型機のバッテリー改善案が米連邦航空局(FAA)より承認され、機体の改修作業の実施が可能となったことを受け「航空会社による運航再開と新造機のデリバリー再開に向けて準備を開始する」と発表した。
米連邦航空局(FAA)、B787のバッテリーシステム設計変更を承認

米連邦航空局(FAA)、B787のバッテリーシステム設計変更を承認

米連邦航空局(FAA)は19日、ボーイングによるB787 バッテリーシステムの設計変更を承認した。FAAは今週にも機体改修の方法を航空会社に伝え、連邦官報にバッテリーシステム改修を終えたB787の再運航を許可する指示を出す予定だ。
マサチューセッツ州、ボストン市など、爆弾テロ後の安全と現地情報を発表

マサチューセッツ州、ボストン市など、爆弾テロ後の安全と現地情報を発表

米・マサチューセッツ州政府観光局は、このほど発生したボストンマラソンでの爆発テロ後の現地の状況をコメントを発表。安全は確保しており、テロ後も「旅行者に対してオープン」であるという。また、市内はマラソンのゴールエリアを除いて、通常通り営業がされている。
ボーイング787、新バッテリーシステムの認証用テストを完了

ボーイング787、新バッテリーシステムの認証用テストを完了

ボーイングは4月5日、787型機の新しいバッテリーシステムの認証に向けた最終テストを実施。取得データを分析し、FAAに必要種類を提出する予定だ。
観光庁、高速・貸切バスの新体制を策定-2年間で安全性向上へ

観光庁、高速・貸切バスの新体制を策定-2年間で安全性向上へ

観光庁は「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」を策定。関越道高速ツアーバス事故後の検討会の結果を踏まえた安全性向上の取り組み策で、今後2年間で集中的に実施する。
ボーイング、787型機の機能チェックフライトを実施

ボーイング、787型機の機能チェックフライトを実施

ボーイングは3月25日、787型機の機能をチェックするフライトテストを実施。フライトデータからの電気システム、着陸装置やバックアップ・システムなどのテストが行われた。
観光庁、熱気球ツアーの安全性確認の徹底を通知-JATAなどに

観光庁、熱気球ツアーの安全性確認の徹底を通知-JATAなどに

観光庁はエジプトでの熱気球の墜落事故を受け、JATAとANTA会長宛に安全確認の徹底を文書で通知。旅行業者がOPツアーの申し込みに関与する場合、ツアーが法令遵守しているものであることの事前確認も徹底するよう求めた。

日本航空、成田/ヘルシンキ線開設を延期-B787運航停止で

日本航空(JL)は2月25日に予定していた成田/ヘルシンキ線の開設を延期することを発表。1月16日に米国連邦航空局が決定したB787型機の運航見合わせに伴う措置

国交省、B787の運航を停止-緊急体制改善通報を発行

国土交通省は13年1月17日、B787の運航停止と改修を指示する「緊急耐空性改善通報」を発行。米国のB787に対する緊急耐空性改善命令を受けたもの。1月28日までに報告書の提出を指示。

国土交通省、日本航空のB787燃料漏れで調査チーム立ち上げ

国土交通省は日本航空(JL)のB787型機の整備作業中に燃料漏れが発生したことを受け、1月14日に調査チームを立ち上げた。国土交通大臣が指示した。9日のボストン、13日の成田の2件について、総合的に調査する。

アミューズトラベル、旅行業登録取消に、行政処分決定

観光庁は12月19日、アミューズトラベルに対する行政処分として、旅行業登録を取り消した。催行した募集型企画旅行でも、旅行業法違反があったと判断した。