【動画】カンタス航空と高級電気自動車テスラはどちらが速いのか? 加速度テストで技術革新をアピール

カンタス航空(QF)はこのほどテスラ社と共同で、オーストラリア・アバロン空港の滑走路を使って航空機B737-800とテスラの高級電気自動車の加速競争テストをおこなった。

これは、オーストラリアを拠点とするカンタス航空と米・高級電気自動車メーカーのテスラ社が、交通産業の発展と持続可能性推進で提携することになった記念として実施したもの。勝敗ではなく、高い技術水準を持つ両社が技術革新を継続する姿を顧客にみてもらうことが目的だ。

テストで使用した機材はカンタス航空「B737-800」と、テスラの「モデル S P90D」(写真)。B737は巡航速度は時速850キロメートル、空中の水平状態では音速に近づくことができるとされる航空機で、水平準高速度は音速に近づくことができるとされる。一方のテスラ車は4ドア自動車で地上最速とうたわれるもの。走り始めから3秒で時速100キロに到達することができるという。

64400_01

使用された滑走路の長さは3キロメートル。スタート直後はテスラ車が圧倒的な速さを見せたものの、その後、B737とテスラ車が時速約250キロに至った時点で並走。その後、B737が地上を離れた瞬間に逆転される結果となった。このテストの様子は以下の動画で閲覧できる。

Car vs Plane – fasten your seatbelts (Youtube:約1分半)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。