羽田空港、ビジネスジェットの受入れ拡大へ、1日の発着枠を16回に倍増など ―国土交通省

国土交通省は2016年4月22日、羽田空港でのビジネスジェットの受け入れ拡大策を発表した。昨今のビジネスジェットの需要高まりに対応するもの。

今後は発着枠をこれまでの2倍の「1日16回」とするほか、到着上限は1日最大4回から「15回」に拡大。また、定期便の発着枠に空きがある場合には、総枠(1日16回)の範囲で、時間ごとの制限を超えた発着を可能とすることになった。公用機などの発着枠内での調整優先順位も引き上げる。

同時に、大型機対応のビジネス機用駐機スポットを整備。駐機可能期間を最大10日間から「5日間」に短縮することで、駐機スポットの稼働率向上に取り組むものとした。

2015年の国内線実績は前年比3割増の大幅な伸びを記録。その一方で、運航不成立や乗り入れの受け入れが困難になる機会も増加する状況にあるという。


なお、ビジネスジェットは定期便とは異なる「公用機等枠」の範囲内で運航するため、今回の対応によって定期便の運航に影響を与えることはないとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。