日本人の国内旅行消費額の一人単価がプラスに、日帰り・宿泊ともに増加で8.7%増の5.4兆円 ―観光庁2016年4~6月(速報)

観光庁の旅行・観光消費動向調査(速報)によると、2016年4~6月期の国内旅行消費額は、前年比8.7%増の5兆4610億円となった。日帰り旅行は7.9%増の1兆4107億円、宿泊旅行は9.0%増の4兆503億円で、観光庁では今年のゴールデンウィークが旅行しやすい日並びだったことが、増加の要因と見ている。

国内の延べ旅行者数は8.0%増の1億6708万人。このうち宿泊旅行は7.6%増の8028万人、日帰り旅行は8.4%増の8680万人となった。国内旅行の1人1回あたりの旅行単価では、0.6%増の3万2686円で微増。宿泊旅行は1.3%増の5万452円と増加したが、日帰り旅行は0.5%減の1万6253円で減少した。

国内旅行消費額の対前年比推移は以下のとおり。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。