グーグル、スマホで操作可能なドライバー向けアプリ提供、音声で地図操作や音楽視聴を可能に【動画】

Google(グーグル)がこのほど、車載用情報システム「Android Auto」の機能拡充を発表した。このサービスはドライバーの運転行為を邪魔することなく、音声操作を通じてGoogleマップやGoogle Play Music、メッセージ送受信サービス「Googleハングアウト」をはじめ、複数の対応アプリを使用可能にするもの。

このサービスの日本での公開は2016年7月のこと。ただしその時点では、Android Auto 対応の車両やカーナビを必要とし、UBSケーブルで接続されたスマートフォン内のアプリをナビの画面に最適化表示する仕組みだった。

しかし今回発表された最新リリースでは、Androidスマホ単体でも利用可能に。どのような自動車でも利用可能になったほか、近日中に音声コマンドによるハンズフリー操作に対応予定。「OK Google」と話すだけで操作ができるようになる。

使用時には、スマホを車載ホルダーに固定するか、カーナビにUSB接続することで機能する。また、最新版ではBluetooth接続にも対応開始。それにより、乗車時には自動的にAndroid Autoが起動するようになった。

同サービスの対応OSは、Android5.0(Lollipop)以降。カーナビやスマホ上の表示イメージは以下のとおり。

提供:グーグル提供:グーグル

カーナビを利用した Android Auto紹介動画(Youtube:約1分45秒、英語)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。