VR(仮想現実)で江戸時代を観光する「タイムスリップタクシー」が登場、古地図で歴史スポットめぐりを可能に -凸版印刷と日の丸リムジン

日の丸リムジンは2016年11月10日から、タクシーに乗りながら江戸時代の街並みや風景、風俗を楽しむ「タイムスリップタクシー」のサービスを開始する。

凸版印刷のVR(ヴァーチャルリアリティ)とGPSを組み合わせた観光サービス「ストリートミュージアム」を活用し、古地図に基づいて江戸時代の城や大名、旗本の屋敷、町人街、町奉行所、寺院などのゆかりの歴史スポットをタクシーで巡る。GPSの位置情報の指定地点でタブレットをかざすと、失われた江戸城天守閣が画面上に再現され、鑑賞できる仕組み。また、江戸時代の風景や風俗を描いた浮世絵も紹介する。

東京でハイヤー・タクシー事業を行なう日の丸リムジンでは2015年から、訪日外国人向けの空港送迎やテレビ電話通訳サービス、社内の英語表記、観光客向けのオプショナル観光ツアーなどへの取り組みを本格化したところ。

タイムスリップタクシーは、この取り組みの中で受けていた利用者の声を反映したもの。特にオプショナル観光ツアーでは訪日外国人のみならず日本人の利用も多く、タクシーを使った都内の歴史的観光スポットを巡るツアーへの要望が多かったという。また、観光庁による訪日外国人消費動向調査でも、全体の26.6%が訪日時「日本の歴史・伝統文化体験」と回答していた。

関連記事>>

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。