日本政府観光局、欧州15か国で訪日旅行キャンペーン、ネットやテレビなどで初の大規模展開へ 【動画】

日本政府観光局(JNTO)は2016年11月7日から、欧州全域を対象に大規模な訪日促進キャンペーンを開始した。

フランス、英国、ドイツ、イタリア、スペインの5か国を重点としつつ、スウェーデンやオーストリア、ポーランドの北欧、中欧、東欧諸国、イスラエル、トルコまで、15か国で展開。オンラインやテレビ、交通広告、映画館広告など、複数のメディアで動画を中心に広告展開し、日本の魅力を発信していく。共通クリエイティブによる消費者向け広告をこの規模で展開するキャンペーンは、2003年のビジット・ジャパン事業開始以来、初めてだという。

訪日外国人旅行者数が2015年に1974万人、2016年10月30日には2000万人に達したが、欧州からの訪日旅行者数は全体の6.3%の124万人にとどまっている(2015年)。これを踏まえ今回のキャンペーンでは、特に滞在が長く、消費額が高い欧州からの誘客を強化するという政府の方針に沿って展開していく。

今回のキャンペーンでは訪日経験者や日本に関心を持つ人への調査や現地目線での日本の魅力を発掘。「日本には伝統と革新の両方が詰まっており、それらが融合しながら混在しているさまが魅力」との消費者の声に着目し、「日本らしさ」と「本物」のキーワードを大切にしながら、統一クリエイティブを制作した。東京、京都のほか、熊野や伊勢など45か所のシーンを3分間の動画で鮮やかに描いたという。


以下の特設サイトでは、動画をインタラクティブムービーコンテンツとして公開中。画面を操作しながら気になる部分の詳細を確認できるようになっている。



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。