宿泊予約の一元管理システムと民泊仲介サイトが国内初の連携 ー「手間いらず」と「TATERU bnb」

宿泊予約サイトの一元管理「TEMAIRAZUシリーズ」は、民泊仲介サイト「TATERU bnb」とシステム連携を開始した。手間いらずによると、国内の宿泊予約サイトコントローラーが民泊仲介サイトとシステム連携をするのは初めてのこと。

同社は2016年の訪日旅行者数のうち、約15%の宿泊者がホテルや旅館以外となる民泊などの施設に滞在したといわれていることを受け、システム連携を行なったとしている。

これを記念し、両社は特別キャンペーンを実施。いずれかのTEMAIRAZUシリーズを利用し、TATERU bnbに新規掲載する宿泊施設を対象に、同シリーズのバージョンアッププランの料金を2か月間、特別価格とする。キャンペーンの実施期間は2017年3月22日から1年間。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…