NHK朝ドラ「ひよっこ」の舞台で観光スポットなど巡るスタンプラリー、茨城県北部の6市町が連携

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台である茨城県北エリアにて、2017年6月15日から10月31日まで、地元の魅力に触れることができる「ひよっコラボスタンプラリー」が開催される。

主催は、茨城県北部6市町(日立市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・常陸大宮市・大子町)が連携して組織した「茨城県北"ひよっこ"推進協議会」。エリア内の道の駅や農産物直売所、自治体施設、観光スポットなど18か所にスタンプを設置するもの。3個から6個のポイントを周遊して応募すると、旅館宿泊券(ペアで6組)や農作物などが当たる。

現在、茨城県北"ひよっこ"推進協議会では地元の情報を特設サイトで発信すると同時に、「里山ツーリズム」を推進中。東京から2、3時間、水戸から1時間余りで訪問できる自然豊かな里山の原風景のなかで、伝統的な暮らしを体験し、少し不便を感じながらも里山の恵みを楽しむ旅行を提案している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。