ナビタイム、訪日外国人向けアプリで「バス停」を多言語表記、四国の5000か所から

ナビタイムジャパンは2017年8月17日から、訪日外国人観光客向けのナビゲーションアプリ「NAVITIME for Japan Travel」で、バス停の多言語表記を開始する。

対応するのは、バスの利用を含むルート検索結果と時刻表画面。アプリ内のデザインを実際の表記にあわせることで、安心してバスを利用できるようにした。

まずは四国運輸局と連携し、四国4県(徳島、香川、愛媛、高知)の主なバス路線の停留所・約5000か所のデータに対応。英語、中国語(繁体字・簡体字)韓国語の4言語で表記する。

ナビタイム・ジャパン:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。