楽天トラベルの秋の予約動向、都道府県ランキングで人気上昇1位は来年の大河ドラマ「西郷どん」の舞台に

楽天トラベルは、2017年10月1日~11月30日の国内旅行の予約人泊数から、「2017年秋の国内旅行 人気上昇都道府県ランキング」を発表した。

前年同期比の伸び率が高い順でランキングをしたもので、1位は鹿児島県(29.2%増)となった。鹿児島県は2018年1月からスタートするNHK大河ドラマ「西郷どん」の舞台の地として注目が集まる場所。県内をエリア別にみると、鹿屋・垂水・志布志エリアは109.8%増、種子島エリアが79.7%増など、大きく伸びた地域もある。また、奄美大島や屋久島などの離島エリアだけでも39.0%増で、離島の人気も高まっているという。

2位は福井県(27.1%)。エリア別では、越前・鯖江・武生エリアが41.0%増と大きく伸びたところ、特に女性複数名の予約が51.3%増で、女子旅人気が高い。また、3位の愛媛県(26.4%増)は、9月26日にオープンした「道後温泉別館 飛鳥乃湯」や、9月にプレオープンしたアートイベント「道後オンセナート2018」など、注目の施設やイベントで予約の伸びに繋がったと見ている。

ランキングの概要は以下の通り。

▼2017年 秋の国内旅行 人気上昇都道府県ランキング

1位  鹿児島県  +29.2%

2位  福井県  +27.1%
3位  愛媛県  +26.4%
4位  群馬県  +26.3%
5位 静岡県  +24.8%

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。