マピオン、観光マップで自治体や観光事業者の情報を無料掲載、タビナカの観光地検索など各種機能も

マピオンは、自治体や観光事業者の観光スポットやイベント情報を掲載する「マピオン観光マップ」を開始した。デジタル地図に自治体による観光情報を載せ、スマホやPCなどで閲覧できるようにしたもの。

観光スポットやイベント情報は市区町村別の地図から検索したり、GPS機能で現在地からのルート検索も可能。情報は発信者が更新するため、最新の情報が得られるとする。これにより、タビマエの旅行計画からタビナカの観光地検索まで、観光の情報サポートを行なう。

観光マップの開始にあわせ、マピオンでは掲載する市区町村単位の自治体や観光事業者を募集。掲載は無料で、既定の登録フォームに入力するだけで、自治体ごとにマルチデバイス対応の観光マップの作成ができるようにした。情報掲載側が常に情報更新をできるようにしているのが特徴で、観光マップは自治体のホームページへリンクしたり、登録したスポット情報をマピオンの各コンテンツと連動することも可能だ。

マピオンでは2018年までに、500自治体・事業者の掲載を目指す。また、訪日外国人向けの多言語対応も予定している。

なお、マピオンでは実証実験として、足利市観光協会の協力のもと、足利市観光マップを制作した。足利市の観光マップは以下のURLリンクへ。

▼マピオン観光マップ・関係性イメージ


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。