熊本県山鹿市の着地型商品をグレードアップ再販、温泉卓球や古墳探検も、町おこし集団「トコナツ歩兵団」がプロデュース

全国各地のオモシロ企画を発信する面白企画創造集団「トコナツ歩兵団」は、 全国各地の魅力を再発見するための活動である「日本創造おもしろプロジェクト」として、 熊本県山鹿市への観光誘致を目的とした着地型観光商品「山鹿あそびVOL.1.1」をプロデュースし、 11月25日より販売を開始した。これは、今年3~5月に販売された山鹿の魅力を伝える4つのプログラムに改善を加えたうえで再販するもの。

販売されるプログラムは、「灯籠温泉卓球(温泉卓球)」、 「灯籠モダンガールとモダンボーイ(まちあるき)」、 「灯籠ヨガロック(ヨガ)」、 「チブサンオブサンナイトツアー(古墳探検)」の4つ。あわせて、前方後円墳を古代米で1/500縮尺で再現し、地元産の農産物で作った「山鹿岩原双子塚(いわばるふたごづか)古墳・発掘カレー」(¥1,000税込)も発売する。

トコナツ歩兵団は多彩なクリエイターが集う面白企画創造集団。エンターテインメントの視点から、まちづくりや商業施設、商品企画、プロモーションなどを手がけている。これまでも、福井県大野市、岐阜県土岐市、静岡県島田市、福島県いわき湯本温泉、三重県で着地型観光商品を開発してきた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。