HIS、連結業績で純利益予想を上方修正、ウォーターマークホテル札幌の売却で ―2018年10月期第2四半期・通期

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)は2017年12月19日、先ごろ発表した2018年10月期(2017年11月1日~2018年10月31日)連結業績について、第2四半期と通期の予想を上方修正した。修正対象は純利益のみ。

第2四半期の純利益予想は前回発表の39億円から57億円に修正。通期予想は同じく純利益を100億円から118億円に上方修正。理由としては、同社の連結子会社であるウォーターマークホテル・ジャパン所有の不動産「ウォーターマークホテル札幌」の売却益を見込むためとしている。

「ウォーターマークホテル札幌」を買収したのは、野村不動産マスターファンド投資法人の資産運用を行う野村不動産投資顧問。投資法人の資料による、買収価格は36億円。12月20日に売買契約を結び、引き渡しは来年3月5日。同社では、ウォーターマークホテル札幌を取得後は、運営をビスタホテルマネジメントに変更するとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。