【図解】訪日外国人数、2017年11月は26%増の237万人、1月からの累計2616万人で、昨年の年間累計(2404万人)超え ―日本政府観光局(速報)

日本政府観光局(JNTO)によると、2017年11月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比26.8%増の237万7900人。この数字は昨年11月(187万5400人)よりも50万人以上うわ回るもので、11月として過去最高。

また、1月からの累計は、前年比19.0%増の2616万9000人となり、昨年の年間累計(2404万人)をすでに超えた。

2017年の訪日外国人数と前年推移は以下のとおり。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

市場別では、11月のトップは韓国で、45.8%増の62万2600人を記録。次いで多い中国は31.0%増の56万7100人、台湾が20.8%増の36万3200人、香港が13.5%増の17万2900人。これら東アジアの4か国・地域で全体の72.8%を占めたほか、東南アジアとインドの合計で全体の12.7%、欧米豪市場の合計で11.1%となった。

そのほか、ビザ緩和の効果でロシアが引き続き好調。調査対象である20市場のうち、インド以外のすべてで11月として過去最高を記録している。1月からの累計では、8市場(中国、台湾、フィリピン、インド、アメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン)ですでに昨年の年計を達成し、過去最高となっている。

JNTOによれば、11月は訪日クルーズや航空路線拡充、紅葉シーズンの訪れなどに加え、各市場で需要獲得に向けたプロモーションも奏功。それらが相まって訪日外客数全体の堅調な伸びをけん引したとしている。

各市場の詳細は以下のとおり。

JNTO:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…