シンガポール航空、ブロックチェーンでマイレージ管理、累計マイルで小売店での買い物を可能に

シンガポール航空(SQ)グループは、ロイヤリティ会員向けプログラム「クリスフライヤー」の新サービスとして、世界で初めて、ブロックチェーンを活用したデジタルウォレット(電子財布)機能を提供する。提携店舗での買い物などで、クリスフライヤーの累積マイルを使って手軽に支払いできるようにするもの。

デジタルウォレットアプリのサービス利用開始は、6カ月後を予定。航空会社の累積マイルをデジタル化し、提携する小売店での買い物の支払いにも使えるようになる。スタート時点では、シンガポール国内のパートナー各店舗が対象。

シンガポール航空グループでは、自社が所有するプライベートブロックチェーン(組織内で利用できるブロックチェーン)を使い、KPMGデジタル・ビレッジ、マイクロソフトの協力を得て準備を進めてきた。同社では「イノベーションは、当社が創業時から重視していること。累積ポイントを電子化する世界初の取り組みを嬉しく思う。デジタル改革の分野でも、世界のリーディング・エアラインを目指す」(ゴー・チュン・ポン成功経営責任者)としている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。