長野・長和町で「農業」のテーマパーク化計画、町全体で農業・食育収穫体験、生産者とのふれあいなど75か所で開始

周辺地域の農産物直売所検索サービスを手掛ける「YACYBER(ヤサイバー)」はこのほど、長野県小県郡長和町(ちいさがたぐんながわまち)で「信州・長和町ファームプロジェクト」を開始した。町内全体を活用した、農業・食育収穫体験のテーマパーク化をめざすもの。

耕作放棄地や有休農地解消活動をおこなう地元の地域創生事業者「神奈備屋(かんなびや)」と連携し、過疎地が進む中山間地の活性化につなげる。

プロジェクトは、町内の生産者と現地で触れ合うほか、安全・安心な野菜を購入できる仕組み。季節ごとの農作物と出会って味わえる体験を提供する。町内の農業法人など生産者15団体75ヶ所の圃場(ほじょう、農園や田畑など)から展開を開始する計画だ。

現地は東京から車で片道3時間の場所。ヤサイバーは今後、「小さな田舎づくり」や「本当に美味しい野菜と果物を提供する」生産者との協業を推進。地元だけでなく首都圏在住の子育て家族や教育機関、外国人旅行者等をおもな対象に、中山間地の活性化につなげていくとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。