東武鉄道が民泊事業に参入、墨田区内の物件を活用、「相撲朝稽古ツアー」など独自の体験プログラムも提供へ

東武鉄道と東武不動産は2018年6月15日から、民泊事業に参入する。同日の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行を受け、東武鉄道沿線の墨田区内の活性化や魅力PRにつなげるもの。

東武不動産が墨田区に所有する2階建て物件をリノベーションし、1階にはラーメン店、カラオケ店、居酒屋など商業テナントを、2階には宿泊用の客室を3室用意。建物内に、東京スカイツリータウンなどの周辺観光や沿線観光、区内の商店紹介などをおこなうパンフレットラックも設置する。

併せて、電動シェアサイクルを通じた下町探索ツアーや、相撲朝稽古ツアーなどを企画。「墨田区ならではの体験」をキャッチフレーズに、地元企業とのコラボを通じた体験型プログラムとして、「地下足袋づくり」などのプランも導入していく計画だ。

住宅宿泊事業者は東武不動産。物件は、Airbnb、途家、ブッキング・ドットコム、アゴダなど合計20サイトに掲載する。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。