中国・北京に「MUJI HOTEL」開業、日常の延長で過ごせる空間がコンセプト、6タイプ42室で

商業施設や公共施設を手掛けるUDSの中国現地法人・誉都思建筑咨询は2018年6月30日、中国・北京に宿泊施設「MUJI HOTEL BEIJING」を開業する。良品計画とライセンス契約を締結し、同ホテルの企画や内装デザイン、運営、経営をおこなうもの。

「MUJI HOTEL」は、「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに展開する宿泊施設。旅先であっても、いつもの生活の延長の感覚で過ごせる空間を目指している。

新ホテルでは、18平方メートルのスタンダードルームから75平方メートルのスイートまで、6タイプ42室を用意。自然素材を使用した空間や仕切りを最小限にした空間を提供するほか、照明や素材は「良い眠り」に配慮。備品の一部は地下にある無印良品店舗で購入することができる。

1階レセプション脇には、世界の旅行やくらしに関する書籍約8000冊を揃えたラウンジを設置。そのほか、自転車貸出、ワークスペースのあるビジネスセンター、洗濯・アイロンがけなどができるユーティリティルームを設置。また、お菓子や旅行用品を購入できる無印良品の自動販売機「MUJI Pocket」を世界で初めて提供する。

飲食スペースは、シンプルで自然の味を活かした調理をおこなう「カフェ&ミール MUJI」や東アジアの家庭料理をヒントにした食事を提供する「MUJI Diner」を設置。「MUJI Diner」では天安門広場を望むルーフトップテラスも備えている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。