パソナ、東北で一棟貸し古民家リゾートを開業、1日1組限定で1泊10万円

パソナグループで東北地方の観光事業を展開するイーハトーブ東北は、岩手県平泉町に一棟貸し古民家リゾート「平泉倶楽部~FARM&RESORT~」をオープンした。

世界遺産「中尊寺金色堂」などの観光素材のある平泉町には、年間約200万人の観光客が来訪するが、そのうち同町内に宿泊する観光客は1.9%と少ない。宿泊施設が少ないのが理由で、その解消の一助として、同リゾートを開業した。

築150年の古民家をリノベーションし、県の伝統工芸品の南部鉄器や岩谷堂箪笥を用いてラグジュアリーな空間を演出。延べ床面積170平米の広さを誇る同リゾートの収容数は最大9名で、二世帯や三世帯の家族などのグループの利用を見込む。

また食事は要望に応じ、地元の農家の人と地域の食材や料理を楽しむプランや、専門の料理人による出張料理の提供にも対応。また、近隣へのツアーガイド、農業体験や毛越寺での座禅体験、一関市の伝統文化「南部神楽」をプライベート空間で鑑賞できるアクティビティなどを用意する。

料金は1泊10万円で、税金および食事は別。食事は例えば、料理人の出張料理によるコース料理の場合、料理人派遣料が2万円、料理が1人5000円。郷土料理体験は1人3000円。地元の飲食店からのケータリングは、夕食が1人4000円、朝食が1人1500円など。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。