ソフトバンク、訪日中国人旅行者が日本で使える「タクシー配車アプリ」で新サービス、中国大手と合弁会社を設立へ

ソフトバンクは、中国拠点のライドシェア事業「滴滴出行(DiDi、ディディチューシン)」との合弁会社「DiDiモビリティジャパン」を設立する。新会社では、DiDiが持つ人工知能(AI)やデータ分析技術を活用し、あらゆるタクシー事業者が利用できるタクシープラットフォームを開発。日本国内での次世代タクシー配車サービスを提供する。

このプラットフォームでは、中国などで5億5000万人が利用するDiDiのアプリを日本のプラットフォームと連携。ローミング機能を用いて日本でも利用できるようにするため、中国人旅行者のタクシーサービス需要拡大に期待できる。また、中国版DiDiアプリのユーザーは、日本国内で中国大手モバイル決済「WeChat Pay」「Alipay」を利用できる。

日本の乗客は、スマホアプリをダウンロードするだけで、配車サービスを利用可能に。乗車場所への到着予測時刻が確認できるほか、アプリ内で決済も完了。一方、タクシー事業者向けにはドライバー向けアプリと配車状況やドライバーの稼働状況が確認できる管理コンソールを提供される。アプリ上で日本語・中国語の自動翻訳機能も提供されるため、コミュニケーション向上にも役立つことになる。

2018年秋より大阪でサービスを開始。その後、東京や、京都、福岡、沖縄などの主要都市で無償のトライアルを進める。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。