宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」、相部屋・交流タイプのホステルの掲載開始

一流宿泊予約サービス「Relux」は2018年9月から、宿泊施設のカテゴリーに「ホステル」を追加した。(写真は、掲載中のホステル「グリッズ京都四条河原町ホテル&ホステル」)

掲載対象となるのは、部屋タイプとして相部屋(ドミトリールーム)があり、ラウンジなどの共用部で飲食をしたりほかの宿泊者と交流ができる施設。9月11日現在では、約15件のホステルを掲載している。

Reluxでは、2018年1月に「もうひとつのわが家」をテーマとする「Vaction Home」サービスを開始し、合法民泊施設のほか、貸別荘や町家、古民家、グランピングなどを掲載。今回新たにホステルを追加することで、より多くのシーンに対応できるようにしたとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。