HIS、ホテル事業計画を発表、国内は「変なホテル」を拡大、海外では米国とトルコで開業へ

H.I.S.ホテルホールディングスが、今後のホテル展開に関する計画を明らかにした。国内では首都圏のほか、大阪、京都、金沢、福岡に、海外ではニューヨークやトルコでの開業をおこなう予定だ。

国内都市部のホテルでは、インバウンドを含む観光客層を対象に、2名以上で1室利用が可能な客室を拡大する。また、施設内外の情報や照明、空調、テレビなどと連動するタブレットサービス「tabii(タビー)」を展開。エンターテインメント性の高いフロントロボットに加え、機能的な設備も拡充することで、これまで以上に進化した施設を目指す。

タブレット「tabii(タビー)」:報道資料より

海外のホテルでは、世界の旅行者、ビジネス、レジャー層を対象に展開。グループ全体のシナジーとしては、訪日旅行者の予約チャネルとして、ネット予約に加えてHISグループの各国拠点からの送客も活用。アクティビティ関連の販売などもホテルを拠点に展開する計画だ。

今後の開業計画は以下のとおり。

国内

  • 2018年10月3日開業:変なホテル東京 羽田(東京都大田区)
  • 2019年1月17日開業:変なホテル福岡 博多(福岡県福岡市)
  • 2019年2月1日開業:変なホテル心斎橋(大阪府大阪市)
  • 2019年3月14日開業:変なホテル大阪 西心斎橋(大阪府大阪市)
  • 2019年3月末開業(予定):変なホテル京都 八条口駅前(京都府京都市)
  • 2019年秋開業(予定):変なホテル関西エアポート(仮)(大阪府泉佐野市)
  • 2019年秋開業(予定):変なホテル石川 金沢(仮)(石川県金沢市)
  • 2019年夏開業(予定):変なホテル浅草(仮)(東京都台東区)

海外

  • アメリカ合衆国(ニューヨーク州)
  • トルコ共和国(デニズリ県パムッカレ市)

同社は2015年3月にハウステンボス(長崎県)で「変なホテル」1号棟を開業。2018年10月には「変なホテル東京羽田」を開業し、運営施設は合計9軒となる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。