エクスペディア、宿泊施設向け予約システムにデータ分析機能を追加、ビッグデータ活用で予約動向のリアルタイム把握を可能に

エクスペディアグループはこのほど、宿泊施設向け予約管理システム「エクスペディアグループ パートナーセントラル」に新たなデータ分析機能を追加した。

新たな分析ツールは、期間やマーケット別に、顧客の居住地や客室単価、平均宿泊数・キャンセル率、リードタイムなどのデータを取得できるもの。リアルタイムでデータが更新されるため、宿泊施設は適切なタイミングで課題の把握や解決につなげることが可能となる。

すでに提供済みの施設の分析機能(露出度、コンバージョンレート、顧客による支払額を競合施設との比較)や競合施設分析機能(同じマーケット内の複数軒の施設について、時系列を追って追跡)と合わせ、ビッグデータを活用したサービス強化を進めていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。