東京ディズニー、新規開業施設の名称を発表、美女と野獣「魔法のものがたり」など、2020年春の大規模開発で

発表資料より

オリエンタルランドは、東京ディズニーランドに2020年春の開業予定で進めている大規模開発に伴い、新施設の名称を発表した。

同開発計画では、東京ディズニーランドの7つのテーマランドのうち、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にまたがるエリアに、約750億円かけて大型アトラクションや料飲施設、店舗などを開業するもの。

「ファンタジーランド」では「美女と野獣」をテーマにしたエリアを開設し、高さ約30メートルの「美女と野獣の城」に開業する大型アトラクションは「美女と野獣“魔法のものがたり”」と設定。同エリア内にオープンする商品店舗は「ビレッジショップス」、レストランは「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」と名付けた。

同じく「ファンタジーランド」に東京ディズニーランドで初めて導入する本格的屋内シアターは「ファンタジーランド・フォレストシアター」とする。

このほか、「トゥモローランド」で「ベイマックス」をテーマに開業するアトラクションは「ベイマックスのハッピーライド」に。「トゥータウン」で、東京ディズニーランド初のミニーマウスと会えるグリーティング施設の名称は、「ミニーのスタイルスタジオ」とした。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。