東北・山形新幹線で携帯電話エリアが拡大、東京/八戸間はトンネルでも利用可能に ―大手携帯キャリア3社が環境整備

東北新幹線と山形新幹線沿線の一部トンネル内で2018年12月27日、新たに携帯電話サービスを提供開始する。ソフトバンクとNTTドコモ、KDDIの3社が整備したもの。

今回のサービス拡大区間は、東北新幹線の「八戸駅(手前)~八戸駅」間の3トンネルと、山形新幹線(奥羽本線)「板谷駅~峠駅」間の3トンネル。これにより、東北新幹線は東京/八戸間で携帯電話が利用可能に。また、山形新幹線(奥羽本線)は福島駅/庭坂駅間と板谷駅/峠駅間で利用可能となる。

また、2018年度内には、以下の区間でもサービスを開始する予定としている。

  • 東北新幹線 八戸駅/七戸十和田駅(手前)間
  • 上越新幹線 上毛高原駅/越後湯沢駅間、長岡駅(手前)/長岡駅間
  • 北陸新幹線 上田駅(手前)/飯山駅間
JR東日本域内・新幹線等トンネル内の携帯電話サービス提供状況:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。