JR東海、訪日客対応で英語力向上へ、鉄道業界特化型のオンライン学習コースを導入

JR東海は、訪日観光客へのおもてなし強化を目的に、eラーニングと能力検定、オンライン英会話を一本化した英語学習「おもてなし英語対応コース【鉄道編】」を導入した。

同英語学習は、英会話サービスのレアジョブ社と、接客現場の英語力を測る「英語応対能力検定」を運営する学びUPコミュニケーションズ社、教育出版の旺文社が、鉄道会社向けに特化した法人サービスとして提供するもの。

JR東海では訪日観光客の増加を背景に、接客業務を担当する駅係員への実践的な英会話力強化の重要性を認識し、学習プログラムの選定を進めてきた。今年度は下期から「レアジョブ英会話」と旺文社の「ココマナ」の受講を開始。2019年2月20日から3月15日に実施する「英語応対能力検定」を受験する予定だ。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。