ANA、国際線の事前座席指定を有料化、足元の広い席が5500円や通路側2500円など

全日空(ANA)は2019年5月29日より、国際線エコノミークラスの一部運賃(予約クラス)で事前座席指定の有料化を開始する。対象は、8月19日以降の搭乗分。

従来は、予約クラスにかかわらず、購入後に窓側や通路側などを先着順で座席を指定できていたが、今後は購入した予約クラスの価格帯に応じたサービスを提供する方針。一部の運賃(予約クラスV/W/S/L/K)について、足元が広い座席や機内前方通路側・窓側の一部について、事前座席指定を有料化することになった。

料金は、例えば、日本/欧州・北米(ハワイ除く)・オセアニア路線の場合、非常口に隣接する足元の広い座席が1区間片道当たり5500円、窓側や通路側が2500円となる。

以下は、ボーイング787-8型機(240席仕様)の例。赤色席(非常口に隣接する足元の広い座席)、黄色席(窓側、通路側座席)が有料対象となり、青色の座席は引き続き無料で指定できる。

ANA:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。