HIS、新しい金融サービス開発へ、GMOあおぞらネット銀行と連携強化

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)と同社グループのH.I.S. Impact Finance(インパクトファイナンス)、GMOあおぞらネット銀行の3社は、金融業務に関する包括的業務提携に向けた検討を開始する。2019年5月14日に覚書を締結。同9月までを目標に契約締結ができるよう検討を進める。

法人サービスとして信用保証や企業間決済事業を展開するHISインパクトファイナンス社は、顧客の利便性とサービス向上に向けた金融事業を検討。これまでに、GMOあおぞらネット銀行を所属銀行とした銀行代理業に関する許可を取得している。

一方、HISグループでは、旅行事業やホテル事業、電力事業、ロボット事業といった幅広い範囲での展開をさらに成長していくにあたって、グループ全体の金融業務の集中と効率化が必要と判断。今後は、HISインパクトファイナンス社を中核とする金融事業の集中を検討するほか、HISグループでの金融分野だけでなく、新たな金融サービスの提供についても継続的に検討を進める方針だという。

今回の提携検討にあたっては、HISインパクトファイナンスが展開中の銀行代理サービス「Fimple(フィンプル)」をGMOあおぞらネット銀行と連携して拡充。グループ企業とのシナジーも発揮しながら新サービス開発につなげる。

HISインパクトファイナンス

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。