東武トップツアーズ、外国籍クルーズ誘致で「みなと総研」と連携、港湾・船舶・観光の知見活かした新体制へ

東武トップツアーズは2019年6月14日、一般財団法人みなと総合研究財団(みなと総研)と包括連携協定を締結した。みなと総研は港湾の利用、クルーズ振興などの事業を展開する財団で、急増する外国籍クルーズ船に日本寄港に対し、円滑な受け入れ態勢構築と港を核とした地域活性化を促進する目的。

具体的には、クルーズ客船を誘致するための調査、プロモーションで連携するほか、寄港時の港湾施設内、街なかでのイベント開催を促進。寄港地ツアーの素材開発や地元関係者との関係強化、雇用機会創出なども図る。東武トップツアーズは連携に至った背景について、「クルーズ船の誘致や受入は港湾、船舶、観光の3つの知見を持ち合わせる必要がある。港湾と船舶の知見が豊富なみなと総研と、観光分野に強みがある当社が連携することで、新たな体制づくりを進めたい」などとコメントしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。