大井川鉄道、2019年も「きかんしゃトーマス号」運行、今年に新キャラクター「フリン」登場、過去5年で46万人乗車

(c) 2019 Gullane [Thomas] Limited.

大井川鐡道は2019年も蒸気機関車「きかんしゃトーマス号」を運行する。ソニー・クリエイティブプロダクツがマスターライセンスを保有し、大井川鐡道がアジア初として2014年から運行しているもので、5年間で約46万人が乗車した人気企画。

6年目となる今年は「きかんしゃトーマス号」の運行のほか、新金谷車両整備工場に特殊消防車の「フリン」が初登場。6月22日~12月1日の期間中、各種企画を盛り込んだ「DAY OUT WITH THOMAS」を開催し、ハロウィンイベント、工場見学施設の一部リニューアルなど、新たな試みも実施する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。