宿泊予約の権利売買のキャンセル社、出品エリアに欧州5カ国を追加、対象ホテルが世界150万軒以上に

宿泊予約の権利売買サービスを運営する「Cansell(キャンセル)」は2019年7月31日、ホテル出品エリアに欧州5カ国(フランス、スペイン、イギリス、イタリア、ドイツ)を追加した。これにより、合計20か国・150万軒以上のホテル比較検索が可能となる。

「キャンセル」は、予約したものの行けなくなった宿泊施設の予約を売買できるサービス。本来キャンセル料が発生する宿泊予約をそのホテルに泊まりたい人に販売・譲渡することで、キャンセル料の負担軽減につなげる仕組みを提供している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。