「移動に困っている人」と「手助けしたい人」を仲介するアプリ、地図で互いの居場所を確認、大日本印刷が提供開始

大日本印刷はこのほど、移動に困っている人をサポートできるスマホアプリ「May ii(メイアイ)」を提供開始した。日本語のほか、英語と韓国語に対応している。

アプリの地図上で「移動に困り、手助けを求める人(リクエスター)」と「手助けしたいサポーター」の所在地が表示され、互いの移動状況がわかる仕組み。アプリの利用者がサービス対象エリアに入るとメッセージが届くほか、チャットボットでサポートに関するやりとりも可能。

東京都の市ヶ谷周辺エリア、福岡県福岡市内、北海道札幌市内から始め、順次利用エリアを拡大する予定だ。

May II

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。