ジャパンタクシー、瀬戸内エリアの観光型MaaSアプリと連携、観光時のタクシー移動をサポート

タクシー配車サービス「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」は、JR西日本が2019年10月1日から2020年3月31日まで、瀬戸内エリアでおこなう観光型MaaSの実証実験「setowa(せとわ)」に参画する。

setowaは、新幹線をはじめとする鉄道や船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの交通手段や地域の観光素材をスマホだけで検索・予約・決済できるサービス。また、行程作成機能や利用特典なども提供する。

今回の取り組みでは、観光時のタクシー移動を支援する取り組みとして、setowa内でタクシー移動ルートが提案された場合にワンタップで配車アプリ「JapanTaxi」を利用可能に。すでに乗車・降車位置が入力された状態で起動するため、煩雑な手間なく配車できる。

実証実験の対象は、出発エリアは日本国内全域、到着は広島県東部を中心とするエリア。出発地から目的地までの列車の予約は、JR西日本インターネットサービス「e5489」対象エリアが対象となる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。