東京ディズニーランド、来春に新エリア開業、大型アトラクションや屋内シアターも新登場

(c) Disney

東京ディズニーランドは2020年4月15日、ファンタジーランドを拡張した「ニューファンタジーランド」をオープンする。ランド内では、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」や屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」なども新規オープンする。

「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、ゲストが映画『美女と野獣』の名曲に合わせて踊るように動くライドに乗り、音楽につつまれながら、ロマンティックな名シーンをめぐるもの。「ファンタジーランド・フォレストシアター」は東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアターで、ミッキーマウスをはじめとするディズニーのキャラクターたちがライブパフォーマンスを披露する。

このほか、トゥモローランド、トゥーンタウンにも新施設が同時にオープン。ライド系アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」やキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」が新登場する。

東京ディズニーランドは2017年4月から、総投資額約750 億円を投じて、これまでで最大の開発を進めている。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。