星野リゾート、来春に「BEB5 土浦」を開業、「ハマる輪泊」でサイクリングと宿泊をコンセプトに

星野リゾートは、2020年3月19日、茨城県土浦市に「星野リゾート BEB5土浦(ベブファイブ ツチウラ)」を開業する。BEBブランドとしては「星野リゾート BEB5軽井沢」に続く2軒目。「ハマる輪泊」を合言葉に自転車と宿泊を掛け合わせた滞在を提供する。

BEB5土浦がある駅ビル「プレイアトレ土浦」は、2018年3月に日本最大級のサイクリングリゾートとして開業。一方、茨城県は2018年6月に「いばらき自転車活用推進計画」を策定し、自転車を核とした地域活性の取り組みを推進しているところ。BEB5土浦は茨城県の補助金認定を受けている。

BEB5土浦では、自転車に乗ったままでのチェックイン・チェックアウトが可能。24時間オープンのパブリックスペース「TAMARIBA」を備えるほか、部屋に愛車を持ち込み一緒に泊まれる「サイクルルーム」も用意する。また、時期や曜日による変動のない均一料金制「35歳以下エコひいきプラン」も提供。宿泊者全員が35歳以下であれば、1室1万2000円、ひとり4000円で宿泊することができる。

BEBブランドは、「星のや」「リゾナーレ」「界」「OMO」 に続く5つ目のブランド。「居酒屋以上旅未満 仲間とルーズに過ごすホテル」、「普段の飲み会よりも素敵に、旅よりも気軽に」をコンセプトにかかげる。

DJブースをイメージたフロント(報道資料より)「TAMARIBA」のイメージ(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。