Trip.com、アプリでグーグルのアワード受賞、19言語で多様なユーザーに配慮したデザインを評価

中国シートリップ(Ctrip)のグローバルブランド「トリップドットコム(Trip.com)」は、同社のアプリがグーグル(Google)が主催する「マテリアルデザインアワード(Material Design Awards)」を受賞したと発表した。

同賞は、マテリアル(モノ)に命を吹き込む優れたデザインを表彰するもの。今年は「テーマ」「イノベーション」「エクスペリエンス」「ユニバーサリティ」の4部門が設けられ、Trip.comはユニバーサリティ部門を受賞。

Googleは受賞理由について、「多様で幅広いユーザーのニーズにあわせ、考え抜かれたインクルーシブなデザインを実現している」と説明。ユーザーエクスペリエンスをより快適にするよう、画像やイラストなど細かなところまでユーザーに配慮したデザインを反映していることや、重要な情報を前面と中央に効果的に配置し、19か国語に対応していることも評価された。

Trip.comデザインディレクターの吴佳敏(ジアミン・ウー)氏は同賞の授賞式で、同アプリが2018年にデザインを始め、2019年2月に提供を開始したことを説明。同社が信頼できる旅のパートナーであることを表現し、アプリを開いて予約をする瞬間から旅行中、旅行後まで、必要な情報を確実に直感的な方法で提供できるようにデザインした。世界23の国と地域の数億人のユーザーに一貫性のあるサービスを提供しつつ、言語や地域によって異なる文化にも最適になるようなデザインも意識しているという。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。