沖縄県、プロ野球キャンプの経済効果141億円で過去最高、県外客増加で消費アップ

りゅうぎん総合研究所によると、2019年の沖縄県内におけるプロ野球春季キャンプの経済効果は141億3100万円で、2018年の122億8800万円を上回り過去最高となった。オープン戦を含む延べ観客数も約40万8000人で過去最高。同研究所は、県への入域観光客数が好調だったとともに、チーム人気の高まり、SNSを活用したPR、ヤクルトの20周年イベント開催などが奏功したと分析している。

観客数のうち県外からは約9万2000人で、前年より8000人増加。キャンプ実施は12球団中9球団と前年と同じだったが、県外からの観光客増加で宿泊、飲食、土産・グッズ購入費などが増加した。産業別の経済効果は、宿泊業28億2000万円、商業17億3500万円、飲食サービス16億4300万円、製造業14億8200万円、対個人サービス11億2100万円の順。

りゅうぎん総合研究所発表資料より

同研究所は「プロ野球春季キャンプは一流選手の練習を見学できるだけではなく、観光のオフシーズンに多くの観客や関係者が来沖して消費活動を行うことから、県経済に与える影響は大きい」としたうえで、「市町村や民間が連携して受け入れ態勢を整備するとともに、地元産業を盛り上げて地域活性化に繋げる仕組みづくりに取り組むことが重要」と提言している。今後、プロバスケットボールやプロサッカーJ1に対応する大規模施設を建設中または建設の計画もある。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。