関空で航空機写真の撮影を楽しむイベント、愛好家が制限エリア内で撮影を可能に、世界11カ国23空港で同時開催

関西エアポートは、航空機写真の撮影を楽しむ通称「スポッター」に向けたイベント「Spotters Day 2019(スポッターズデイ2019)」を11月16日に関西国際空港で開催する。普段は立ち入ることのできない空港内の制限エリアにスポッターを招待し、 国内外の航空機写真を撮影してもらうイベントで今回で2回目の開催。10:00~18:00まで撮影することができる。

今回は関西国際空港を含め、関西エアポートを構成するVINCI AIRPORTSがネットワークを持つ世界11ヶ国(日本、アメリカ、コスタリカ、カンボジア、ドミニカ、チリ、フランス、ポルトガル、イギリス、セルビア、ブラジル)23空港で同時に開催し、総勢400人のスポッターが参加する。

関西国際空港の参加者は、関西エアポート公式Instagramを通じて募集。限定6名の枠に80名の応募があった。 当日撮影された写真は「#VINCIAirportsSpottersDay」のハッシュタグをつけて発信される。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。