スターフライヤー、新ビジュアルで広告展開、漆黒の機体を際立たせてブランドイメージ強化

スターフライヤーは、新広告の展開を開始した。同航空は、2017年6月からモノクロのビジュアルを用いたブランドタグライン「輝く人の、STARFLYER」の広告を展開しているが、今回より黒の魅力を際立たせたクリエイティブを新たに制作することで、ブランドイメージの強化を図る。

新しい広告のコンセプトは「カラーシャイニング」。スターフライヤーの漆黒の機体の艶やかさを表現するのは「光」と位置づけ、漆黒の機体にしかできないスターフライヤーの新しい表現を目指した。これまでのモノクロのビジュアルも継続して使用する。

新しいビジュアルは、京急羽田空港国内線ターミナル駅の第1ターミナル側エスカレーター壁面、第2ターミナル側エレベーター柱側面、第2ターミナル側電照ポスター付パンフレットラック、東京モノレール1000系ドア横ポスターなどの交通広告のほか、スターフライヤーチェックインカウンターでも掲出する。

新ビジュアルの例:スターフライヤー提供スターフライヤー 新広告ビジュアル特設ページ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。